読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちくさ雑記

出逢ったことやら、見付けたことやら、

FUJIFILM X Systemとの出逢い

カメラ

名古屋市栄の中日ビル3階で東三河フォトコンテストの入賞作品展が行われている。今回は準グランプリを受賞できたのでぜひ行って来ようと思う。今回の写真はFUJIFILM X-T1というカメラで撮影した写真だった。FUJIFILMのカメラとの出会いは2013年の秋頃で、普段の持ち歩き用に重い一眼レフではなく軽いカメラを探していた。普段用ならコンデジでも良いのだが、できれば一眼みたいな写真が撮れるカメラは無いものかと・・・。一眼はCANON機だったのだがキヤノンのミラーレス機はデザインがイマイチで気に入らなかった。せっかく買うならお洒落なカメラが良いと他社のカメラを探していてFUJIFILMのミラーレスに出逢った。その時に見つけたのはX-M1だった。当時持っていたCANON機がAPS-Cセンサーだったのだが、M1はCANONのセンサーより一回り大きいAPS-Cを搭載していた。デザインもクラシックカメラ風だし値段も手頃だったので、一目惚れしての購入だった。しかし当時は一眼レフこそ画質は最高と思っていたしCANONは絶対だと思っていたのでFUJIFILMのカメラは持ち歩き用の普段着感覚カメラくらいに思っていた。ミラーレス機だし安いし・・・くらいの感覚で写真そのものにはたいして期待も無く使い始めた。ところが、家に帰ってパソコンで画像を確認してみてビックリ。ピクセル等倍まで拡大してみると想像以上の高精細な画像に驚愕。それからカメラ誌を読み漁ってみると、なるほどという記事がたくさん見つかった。FUJIFILMは独自のセンサーを使っていてフルサイズセンサー並みの解像力があるのだという。フイルムメーカーということもあり画像処理も色が素晴らしくプロのカメラマンも愛用者が多いという。M1を買った当時はまだレンズの種類が少なかったが今ではほとんどの画角のレンズが揃っている。FUJIFILMはレンズも定評がありFUJIのレンズはハズレが無いという評価が聞かれるほど。その後CANON機は友人に譲り、FUJIFILMのX-T1を購入。X-T10が発売されて購入。使っていたX-T1の重さとクセのある使用感が気に入らずX-T10を2台持ちにしてX-T1は友人に譲ることに。小型軽量なF2シリーズの単焦点レンズが次々に発売され、使いやすさが気に入って常用するようになったが、普段持ち用に使っていたX-M1が電子シャッターに対応していないためF2シリーズレンズが生かせず、電子シャッター対応のX-A3を購入。X-T10の後継機であるT20も発売されたが少し高価なのと買ってしまうと2台あるT10が色褪せてしまう気がして今回は見送ることにした。今回の写真コンテストでの準グランプリ受賞も、FUJIFILMのカメラで撮影した写真だったから選ばれたような気がしてならない。始めは偶然の出逢いだったがFUJIFILMのXシステムに出逢えて本当にラッキーだったと思う。

 

知らぬ間にこんなにレンズを買ってしまったんだなぁ

FUJIFILM XF14mmF2.8 R
FUJIFILM XF18mmF2 R
FUJIFILM XF23mmF2 R WR 
FUJIFILM XF23mmF1.4 R  
FUJIFILM XF27mmF2.8   
FUJIFILM XF35mmF2 R WR 
FUJIFILM XF35mmF1.4 R    
FUJIFILM XF50mmF2 R WR  
FUJIFILM XF56mmF1.2 R      

FUJIFILM XF10-24mmF4R OIS
FUJIFILM XC16-50mmF3.5-5.6 OISⅡ
FUJIFILM XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OISⅡ
FUJIFILM XF55-200mmF3.5R LM OIS 

f:id:hiroro5:20170311064622j:plain

 

現在、愛用しているカメラたち

FUJIFILM X-M1

FUJIFILM X-A3

FUJIFILM X-T10

f:id:hiroro5:20170311065405j:plain