みちくさ雑記

出逢ったことやら、見付けたことやら、

TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC

α6000用に高倍率ズームレンズを買った。SONY製ではなくタムロン製で18mm-200mm(35mm換算で27mm-300mm)という使いやすい画角のレンズである。タムロンといえばCANONの一眼を使っていた頃にやはり高倍率ズームレンズとして愛用していた。SONYのミラーレス機用ということで一回りほど小さい。

f:id:hiroro5:20170614222707j:plain

しかし実際に手に持ってみると意外なほど大きく感じるしズッシリと重い。α6000本体285g、レンズ460gで総重量745g。NIKON1J5本体231g、レンズVR10-100mmは298gで総重量529gとかなり差がある。ちなみにFUJIFILM-X-A3本体290g、レンズ50mm-230mmは375gで総重量665gになるが広角は撮れないのでもう一台別に必要になる。1インチセンサーの高倍率ズームコンデジのCANON PowerShot G3X は24mm-600mmで重量は733gなので、そう思うとNIKON1J5の総重量529gは驚異的なのかもしれない。

f:id:hiroro5:20170614223119j:plain

ただ大きくて重いということは本格的という事で、良いほうに捉えて写りに期待してみたい。テスト撮影はまだだが、普段愛用しているFUJIFILMには広角から望遠までカバーする高倍率ズームレンズが存在しないので、27mmから300mmをカバーするレンズは出番が多くなりそうな予感がする。FUJIFILMの望遠ズームレンズには50mm-230mmと55mm-200mmがあるが最短110cmまでしか近寄れない。タムロンのレンズは望遠で50cmまで近付けるのでマクロ的な撮影も可能になる。ちなみにNIKON1J5のVR10-100mmは望遠で最短65cmまで近付ける。

SONY α6000 E30mm F3.5Macro

SONYのα6000と一緒に購入したのがマクロレンズE30mm F3.5Macro。2万円そこそこでやたら安いのがチト不安だったりするが、とりあえずテスト撮影をしてみた。

感想、やっぱり安っポイ。ていうかコンデジのマクロモードで撮っている気分。スペックが等倍マクロなのでFUJIFILMのハーフマクロレンズFX60mmF2.4よりもグングン近付けるしAFも素早い。がっ、なんかコンデジ風でイマイチAPS-C機とは思えない。まっ安かったしFUJIFILMには無い等倍撮影ができるし普段持ちでマクロするには丁度良かったかなぁ。FUJIFILMの良さを再認識できて良かったのかも、とか何とか。。。

 

これはどう見てもコンデジ風f:id:hiroro5:20170611050706j:plain

 

まぁまぁ、普通にマクロなカンジf:id:hiroro5:20170611050738j:plain

f:id:hiroro5:20170611050801j:plain

f:id:hiroro5:20170611050951j:plain

f:id:hiroro5:20170611051219j:plain

 

ここまで近づくと流石は等倍マクロらしいかなf:id:hiroro5:20170611051322j:plain

 

離れての撮影はFUJIFILMの60mmマクロみたいに単焦点らしさは出せないf:id:hiroro5:20170611051026j:plain

 

目一杯近づいて撮影(トリミング無し)

f:id:hiroro5:20170611080429j:plain

 

2倍のデジタルズームで撮影(なかなか使えそうなカンジ)

f:id:hiroro5:20170611080507j:plain

 

なみにFUJIFILM-XF60mmMacroで撮影。ハーフマクロなのでこの大きさが精一杯。しかし背景は単焦点レンズらしく綺麗にボケるので、マクロというよりも近付ける単焦点レンズとして手放せない魅力がある。f:id:hiroro5:20170611085821j:plain